校長ブログ

校長ブログ

「商品開発」企画発表会を実施しました

2月13日(火)13:30より、本校の三年生が1年間を掛けて「商品開発」の授業で学んできた成果を発表する『「商品開発」企画発表会』が実施されました。地域連携による幸手市の魅力を発信する香水の商品開発をテーマに取り組んできた4つのグループによる企画発表となります。地域から幸手市商工観光課、幸手市商工会、㈱ピノーレ、埼玉りそな銀行、埼玉新聞社地域創生部から審査員として多くの皆様にご参加いただきました。特にこれまで指導いただいた㈱ロコドアの米澤様、スタイルアップコーディネーターの紙下様には大変お世話になりながら本発表会となりました。審査されたそうそうたる顔ぶれの皆様から生徒はとても励みになる指導講評や助言をいただきました。次年度へも続く探究テーマの取組であり、今後に大きな期待が持てる発表会となりました。終了した後の生徒の満足した顔は何物にも代えがたい成果と感じました。ご指導ご支援いただいた皆様には大変お世話になりました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

歓送会が行われました

1月31日(水)13:30より三年次の生徒を対象に格技場で生徒会主催による「歓送会」が実施されました。いよいよ明日から家庭研修期間となり、卒業に向けて準備段階に入る三年次の生徒に生徒会が手作りの送迎会を用意して温かい会となりました。PMCによる歌唱、吹奏楽部は、三年次の先輩との思いでのメドレー、三年次の先輩と一緒に最後の演奏を披露しました。その後、「部活動からのメッセージ」「思い出のスライドショー」「卒業記念品贈呈」が行われました。三年次の生徒の皆さんにはとても心温まる手作りの歓送会となったと思います。生徒会執行部や係の生徒の皆さん、歓送会を開催してくれてありがとう。
最後に、昇降口のところで恒例の「くす玉割り」を三年次が全員で見て終了しました。

インターンシップ事前指導

1月31日(水)10:55から明日からのインターンシップに備えて二年次の生徒が格技場の二階に集まり、直前の確認事項などを確認する集会が行われました。毎年、幸手桜高校では2年次の生徒が5日間の就業体験活動としてインターンシップ実習を行っています。社会に出る前に仕事を体験し働く意義や意欲を高めるために実際に社員として勤める校外学習となります。生徒は緊張しているようでしたが、明日から自分を成長させる大切なインターンシップの期間としてほしいと思います。

第3回入試説明会が開催されました

1月27日(土)9:15より、第3回入試説明会を実施しました。ここ最近の寒波で日差しはありましたがとても寒い日にも関わらず、多くの保護者と中学生の皆さんに幸手桜高校にお越しいただき有難うございました。当日は、吹奏楽部と演劇部による校歌披露からはじまり、あと1カ月弱に迫った入試に関する情報を中心に大事な情報をお伝えすることができたかと思います。最後に希望される方への個別面談で終了となりました。多くの方に参加いただき、有難うございました。感染症予防のため分散でリモートでの説明会となった方にも、説明会は有意義な時間でしたでしょうか。
 幸手桜高校では教職員や生徒も含め関係者一同、中学生の皆さんを応援しています。健康管理を第一に、対策を十分に受検に挑んでください。今回をもって令和6年度入試に向けた説明会は最後となります。これまでの学習成果を十分に発揮され、3月の入学許可候補者説明会にまたお会いしましょう。

3年次対象「スーツの着こなし教室」

1月18日(木)3年次の生徒対象に「スーツの着こなし教室」が実施されました。講師には、洋服の青山久喜店の副店長である坂元 裕様にお越しいただき、社会人としての身だしなみやスーツを着こなす際のポイントの講義をいただき、本校の三年生の中からモデルとなった男女6名を中心に実際にスーツを着た感想などを交えて具体的に指導いただきました。三年生はあと10日余りで家庭研修期間となります。社会人となる日は日々近づいていることを実感する時間にもなりました。