本日の桜高校

笑う 1年次 芸術鑑賞会

令和6年2月1日

 1年次の生徒が劇団四季の「ライオンキング」を鑑賞しました。

 この1年間の学校生活のまとめとなる校外行事です。東京有明にある劇場までの電車による移動や、多くの生徒がこれまでに経験したことのないミュージカルを観ることができました。

 印象に残った台詞に、「過去から逃げるか、過去から学ぶか」という場面がありました。4月から2年次になる生徒は、この日を一つの節目として、未来の新たな希望に向かって歩み出すことでしょう。

 また、この記事を読んでくれていて、幸手桜高校の受検を考えている皆さんもいると思います。中学校までの様々な経験を踏まえて、桜高校への期待を膨らませてほしいです。

 週末は、1年次生全員は「商業経済検定」を受験します。芸術や文化に触れる、勉強に全力を尽くすなど、いろいろな行事が主人公一人ひとりの心と体を刺激します。