本日の桜高校

2024年2月の記事一覧

お知らせ 1年次 ドッチビー熱投格子宴

令和6年2月8日

1年次LHR行事でクラス対抗ドッチビー大会を開催しました。

3クラスごとのリーグ戦を行い、結果は次のとおりです。

 1位:1−5・1−4  2位:1−1・1−6 3位:1−3・1−2

担任の先生は5ptの特別ルールが追加され、熱い試合が展開されました。笑顔と協力が渦巻き、クラスの絆が深まりました。

 

2年次 インターンシップ

2年次では、2月1日から7日にかけて最大5日間のインターンシップを行いました。

生徒たちは約50か所の事業所に分かれ、活動を行っていました。ぎこちない姿ではありながらも一生懸命に活動している様子でした。

「楽しい」という声や「疲れた」という声など様々な生徒の声がありましたが、この経験を活かして今後の進路活動や将来に向けて考えてもらえる機会となれば幸いです。

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中雪の影響などもありましたが、各事業所の皆様方にはこの場を借りてご御礼を申し上げます。

 

虫眼鏡 1年次 分野別進路ガイダンス

令和6年2月5日

 興味関心に応じた分野の仕事を選択し、その業界の専門家から話を聞き、働くこととは何か、どんな力が必要か、今何すべきかなどの理解を深め、比較することで、今後の進路計画に役立てることを目的に、分野別の進路ガイダンスを実施しました。

 大学、短期大学、専門学校等から講師の先生をお招きし、仕事の内容等について、やりがい、楽しさや厳しさについて学習しました。

 1年次のまとめとなるこのガイダンスを経験して、2年次の学びを具体的に計画します。1年後には5日間のインターンシップ実習が予定されています。

笑う 1年次 芸術鑑賞会

令和6年2月1日

 1年次の生徒が劇団四季の「ライオンキング」を鑑賞しました。

 この1年間の学校生活のまとめとなる校外行事です。東京有明にある劇場までの電車による移動や、多くの生徒がこれまでに経験したことのないミュージカルを観ることができました。

 印象に残った台詞に、「過去から逃げるか、過去から学ぶか」という場面がありました。4月から2年次になる生徒は、この日を一つの節目として、未来の新たな希望に向かって歩み出すことでしょう。

 また、この記事を読んでくれていて、幸手桜高校の受検を考えている皆さんもいると思います。中学校までの様々な経験を踏まえて、桜高校への期待を膨らませてほしいです。

 週末は、1年次生全員は「商業経済検定」を受験します。芸術や文化に触れる、勉強に全力を尽くすなど、いろいろな行事が主人公一人ひとりの心と体を刺激します。